私の政策

  • HOME »
  • 私の政策


私の政策

仕事の質が変わる時代を見据えて対応する

 新しい産業革命が今、起こっています。東京オリンピックが開催される2020年以降には翻訳や通訳、医療診断などの自動化も視野に入ってくるでしょう。目下、看護・介護、建設、物流、サービスといった分野での求人難が深刻になってきていますが、仕事の質の面でも大きく変わっていくということです。私は雇用対策に取り組み、国の恒久的な制度として求職者支援制度の実現を果たしました。現行の20世紀型の政策は時代に合わなくなっているので、今後は新しい時代に対応できる働き方の政策を提案していきます。

 さらに、私は、「社会的課題解決型国家」を目指します。我が国は介護負担を軽減するロボットスーツやアルツハイマー薬の開発で世界をリードしています。このように世界で起こり得るさまざまな社会問題を、最先端技術を開発することや、社会の仕組みを作りかえることで解決し、新しい国家モデルを提起することは、世界への大きな貢献です。

安心して結婚できる社会を実現する

 将来にわたって安定した所得が保障されないために結婚をしたくてもできない人が増えてきました。2年前の総選挙のとき、私は30代後半の非正規の高校教諭から「非正規で責任を取れないので結婚を諦めています」といわれました。正規でも非正規でも一生涯にわたって安定した雇用と所得を確保し、育児・保育の制度、社会保障制度などを再構築し、安心して結婚できる社会を実現します。

財政規律を守る
 財政破綻を避けるために、費用対効果の視点を導入し、選択と集中によって限られた国家予算を本当に必要なところに投入していきます。国民の皆さんにもご理解をお願いすることがありますが、国民との信頼関係を築き、財政規律(国の収入に見合った予算にすること)を守った予算にします。

公的年金資金はリスクのない運用に改める
 皆さんから預かった年金資金は価格変動の大きな金融商品に投資してはなりません。リスクのない運用に改めます。

新しい時代に対応できる働き方を提起する
 新時代を担う人材を養成するために、3Dプリンターやロボットの技能など先端技術を職業訓練に盛り込み、人材の高度化を図ります。

社会に役立つ最先端技術の開発を支援する
 我が国は、介護負担を軽減するロボットスーツやアルツハイマー薬の開発で世界をリードしています。このような、社会の課題を解決するための最先端技術の開発を支援します。

在宅で仕事する
 IT(情報技術)の発達で、離れていてもインターネット会議などで普段通りの仕事ができるようになりました。首都での地震による大きな人的被害を減らすためにも、在宅勤務のしやすい雇用政策や住宅政策を進めます。

食の安心安全の原点は教育現場にある
 今や家庭でもきちんとした食事が取れなくなってきて、食の面で学校給食がクローズアップされてきました。学校給食を通じ食育を進めます。

地元を活性化させる圏央道と上尾道路
 私が実現にこぎつけた上尾道路と圏央道の開通によって地域の産業振興や活性化が期待できます。沿線に農地転用をしやすくする特区を創設し民間の活力を呼び込み地場産業の育成、地域の活性化へ結び付けていきます。

農商工業者のやる気に応える拡販策を展開する
 国の支援とともに「道の駅」を整備し、地元産品の販路拡大に取り組んでいます。地元の農業、商工業者の育成に努めます。

写真で見る活動報告

一昨年の積雪災害の際に、地元のハウス栽培農家をくまなく取材して国会で取り上げ、救済に取り組みました。トマト、きゅうり、ぶどう、梨、花など多くの農家が、ハウスを建て直し、無事、生産に取り組んでいます。今年の収穫状況についても、訪問してヒアリングしています。

一昨年の積雪災害の際に、地元のハウス栽培農家をくまなく取材して国会で取り上げ、救済に取り組みました。トマト、きゅうり、ぶどう、梨、花など多くの農家が、ハウスを建て直し、無事、生産に取り組んでいます。今年の収穫状況についても、訪問してヒアリングしています。        

私の選挙区は、概ね大宮台地の上に位置していますので、大雨には強い地域です。しかし、江川など下流域では大きな被害を引き起こす危険が常に存在します。台風が上陸した際など必ず状況を視察しています。

私の選挙区は、概ね大宮台地の上に位置していますので、大雨には強い地域です。しかし、江川など下流域では大きな被害を引き起こす危険が常に存在します。台風が上陸した際など必ず状況を視察しています。          

夏には、大学生のインターンを受け入れて、地元で、国会で、私の活動を手伝って頂いています。レポートを配布したり、ポスターを張替えるなど、地味な活動の連続です。2ヶ月間、一緒に活動すると、皆、逞しくなります。卒業後、新聞社に入社し、今、政治部で記者として私を取材している元インターン生もいます。

夏には、大学生のインターンを受け入れて、地元で、国会で、私の活動を手伝って頂いています。レポートを配布したり、ポスターを張替えるなど、地味な活動の連続です。2ヶ月間、一緒に活動すると、皆、逞しくなります。卒業後、新聞社に入社し、今、政治部で記者として私を取材している元インターン生もいます。    

圏央道を利用して、厚木にあるNTT最先端技術研究所を訪問。人工知能を中心に意見交換し、社会が根底から変わると実感しました。先日も、板金業を営む方から、「最近、衝突しない自動車の普及で、仕事が無くなっている」と伺いました。技術の進歩は確実に社会を変えます。この産業革命を活かすように政策を進めます。

圏央道を利用して、厚木にあるNTT最先端技術研究所を訪問。人工知能を中心に意見交換し、社会が根底から変わると実感しました。先日も、板金業を営む方から、「最近、衝突しない自動車の普及で、仕事が無くなっている」と伺いました。技術の進歩は確実に社会を変えます。この産業革命を活かすように政策を進めます。

先日、地元の障がい者就労支援施設を訪問しました。指導される方も熱心で、皆さん、明るく、委託された軽作業に従事しています。一番の心配は、ご両親が高齢化して、子供たちの世話ができなくなることです。一生涯にわたり、一人ひとりに居場所と出番がある社会を築き上げることが政治の使命です。

先日、地元の障がい者就労支援施設を訪問しました。指導される方も熱心で、皆さん、明るく、委託された軽作業に従事しています。一番の心配は、ご両親が高齢化して、子供たちの世話ができなくなることです。一生涯にわたり、一人ひとりに居場所と出番がある社会を築き上げることが政治の使命です。            

熊本地震の被災地を訪問。地元の県議と市議に同行頂き、区長、市長、農協の職員の方々から、要望事項をヒアリングしました。訪れた集落では、家屋はほぼ全壊です。26世帯、80人が暮らしていましたが、下敷きになった方も全員が無事に救出されたそうです。予算委員会で質問に立ち、要望事項を首相と大臣に伝え、実施を促しました。

熊本地震の被災地を訪問。地元の県議と市議に同行頂き、区長、市長、農協の職員の方々から、要望事項をヒアリングしました。訪れた集落では、家屋はほぼ全壊です。26世帯、80人が暮らしていましたが、下敷きになった方も全員が無事に救出されたそうです。予算委員会で質問に立ち、要望事項を首相と大臣に伝え、実施を促しました。        

国会議員が官僚と接触した際の記録の作成を定めた「政官接触記録作成法案」を国会に提出しました。この法案は、国会議員によるあっせんなど疑惑や不信を招く行為を防止し、国民の信頼を確保することを目的にしています。(法案提出後の記者会見の様子)

国会議員が官僚と接触した際の記録の作成を定めた「政官接触記録作成法案」を国会に提出しました。この法案は、国会議員によるあっせんなど疑惑や不信を招く行為を防止し、国民の信頼を確保することを目的にしています。(法案提出後の記者会見の様子)  

「領域警備法案」「周辺事態法改正案」「PKO(国連平和維持活動)法改正案」を、議員立法として衆議院に提出しました。

「領域警備法案」「周辺事態法改正案」「PKO(国連平和維持活動)法改正案」を、議員立法として衆議院に提出しました。   

最先端の研究に触れるために時間をみつけて研究者と直接意見交換をしています。国立国際医療研究センターのガンの放射線治療機を開発しているチームでは自動車製造用の溶接機を利用して、放射線をピンポイントで照射できる技術を研究中です。

最先端の研究に触れるために時間をみつけて研究者と直接意見交換をしています。国立国際医療研究センターのガンの放射線治療機を開発しているチームでは自動車製造用の溶接機を利用して、放射線をピンポイントで照射できる技術を研究中です。        

インドに出張して、小中高一貫の私立学校を訪問しました。海外青年協力隊の女性隊員が日本語を教えています。中学校までは日本語が必須です。授業料は月1500円で、中流層のご家庭の子供達が多いそうです。日本への期待を実感します。

インドに出張して、小中高一貫の私立学校を訪問しました。海外青年協力隊の女性隊員が日本語を教えています。中学校までは日本語が必須です。授業料は月1500円で、中流層のご家庭の子供達が多いそうです。日本への期待を実感します。           

「さがみロボット産業特区」の湘南ロボケアセンターを訪問し、福祉や介護の現場で使用することを想定した生活支援ロボットを視察しました。制御に人口知能を活用することによって、一人ひとりの障害の程度に応じて動作するロボットスーツの開発が進められています。

「さがみロボット産業特区」の湘南ロボケアセンターを訪問し、福祉や介護の現場で使用することを想定した生活支援ロボットを視察しました。制御に人口知能を活用することによって、一人ひとりの障害の程度に応じて動作するロボットスーツの開発が進められています。            

神奈川県の黒岩知事と「さがみロボット産業特区」での取り組みについて意見交換しました。高齢化社会に備えて、介護や福祉を支援するロボットスーツなど、日本の最先端技術の実用化と普及が重要です。

神奈川県の黒岩知事と「さがみロボット産業特区」での取り組みについて意見交換しました。高齢化社会に備えて、介護や福祉を支援するロボットスーツなど、日本の最先端技術の実用化と普及が重要です。            

産業技術総合研究所の臨海副都心センターを視察しました。バイオテクノロジーと情報技術の融合に重点を置き、人工知能や暗号化技術など、最先端の研究開発に取り組んでいる研究拠点です。日本の産業競争力を強化するためには、このような世界レベルの技術開発を実用化に結び付けることが重要です。

産業技術総合研究所の臨海副都心センターを視察しました。バイオテクノロジーと情報技術の融合に重点を置き、人工知能や暗号化技術など、最先端の研究開発に取り組んでいる研究拠点です。日本の産業競争力を強化するためには、このような世界レベルの技術開発を実用化に結び付けることが重要です。            

法案を国会に提出するには、国民の誰からも「なるほどこの法律は必要なんだ」と思える理由が必要です。首相がこれまで法案の提出理由とし説明してきた「ホルムズ海峡での機雷掃海」など、国会審議で、提案する理由(立法事実)になり得ないことが明確になりました。また、これまでの憲法解釈の限界を超えた法案でもあり、国民の理解は深まっていません。

法案を国会に提出するには、国民の誰からも「なるほどこの法律は必要なんだ」と思える理由が必要です。首相がこれまで法案の提出理由とし説明してきた「ホルムズ海峡での機雷掃海」など、国会審議で、提案する理由(立法事実)になり得ないことが明確になりました。また、これまでの憲法解釈の限界を超えた法案でもあり、国民の理解は深まっていません。 

PAGETOP